りんごの葉っぱで、つくるお茶。
それは、りんごを想うお茶。

古来から、果実は食べずに
葉っぱをお茶にしていたという
りんごの品種があります。
それが、中国原産の「 ほくかいどう 」。
かつては日本にも自生していましたが、
すでに絶滅。幸運にも私たちは
青森県内にあった希少な枝を譲り受け、
接ぎ木の手法で増やすことができました。

「りんご葉の茶」を淹れてみて驚いたのは、
ほのかに甘く薫り、ほんのりと紅いこと。
まるで、りんごの花のように。
この感動を、おすそわけします。

自然にも、人にも、
きれいなお茶でありますように。

「りんご葉の茶」をつくる葉は、
有機JAS認証の農園で栽培しています。
農薬や化学肥料は一切使いません。
のびのびと育った葉を手摘みしたら、
風通しのよい所で数日乾燥。
それを有機JAS認証の茶工場に運び、
焙煎しています。

お茶を淹れると、ほうじ茶や紅茶よりも
わずかにピンク掛かった色がきれいです。
口に含むと香ばしさの中に
ふわりと漂う、かろやかな甘み。
体と心に、すっと、しみこみます。

りんご葉の茶は、
有機JAS認証を取得しています。

有機JASは、自然の力を活かして栽培された農産物やその加工品を認証する制度です。環境に負荷をかけないという有機農業の理念に基づき、化学農薬や化学肥料を避けるのはもちろん、加工や出荷にいたるまで様々な基準が設けられています。
「りんご葉の茶」をつくる葉は、有機JAS認証の自家農園で栽培し、農薬・化学肥料は一切使用していません。

りんごの葉には、
有用なポリフェノールが
含まれています。

りんごの葉には、フロリジンが豊富に含まれています。フロリジンは、血糖値の上昇を抑えたり※1、抗加齢効果がある※2とされているポリフェノールの一種。この成分はいま、世界的に注目され、様々な研究が行われているところです。

出典: Sowa, A., et al. (2016) BioMed Res. Int., Article ID 6705431. LINK
※1 Shirosaki, M., et al. (2012) J. Nutr. Sci. Vitaminol., 58(1), 63−67. LINK
※2 Xiang, L., et al. (2011) Biosci. Biotechnol. Biochem., 75(5), 854−858. LINK

How to brew

淹れ方

1 「りんご葉の茶」ティーバッグ1袋を マグカップまたは、ティーポットに入れ、熱湯 200ccを注ぎ、 3分 ほど蒸らします。
2 時間がたったらティーバッグを軽くふって取り出します。
3 味が濃く感じる場合はお好みで熱湯を足してみて、 マイベストの「りんご葉の茶」をお楽しみください。
アイスもオススメ!
濃い目の「りんご葉の茶」を作り、氷をたっぷり入れて冷やすと、すっきりした風味になります。暑い時期にぜひお試しください。

Product Details

商品詳細

商品名 りんご葉の茶
名称 有機りんご葉茶
原材料名 有機りんご茶(青森県産)
保存方法 高温・多湿を避け、常温で保存してください。
販売者 株式会社 医果同源りんご機能研究所
青森県弘前市旭ヶ丘2-4-13
製造所 株式会社 ヤマナ茶業
静岡県焼津市田尻2005-3

Nutrition facts

栄養成分表示

1袋 1.2g当たり
熱量 5 kcal
たんぱく質 0.1 g
脂質 0.1 g
炭水化物 0.9 g
食塩相当量 0.0003 g
ポリフェノール 151 mg
フロリジン 53 mg
カフェイン 検出せず

NOW ON SALE

青森県内各店舗、オンラインショップにて好評発売中!

SHOP LIST

お取り扱い店舗
品切れ等により、下記の店舗でお買い求めでできない場合がございます。
確実にお買い求めになる場合は、 弊社かお取り扱い店舗にあらかじめご連絡をお願いいたします。
株式会社 医果同源りんご機能研究所
〒036-8252 青森県弘前市旭ケ丘2丁目4−13 1・5・15
オンラインショップ
油屋福六
〒036-8161 青森県弘前市大清水4丁目11−10 アルバトロス 1・5・15
中三 弘前店 地下1階 北のれんコーナー
〒036-8182 青森県弘前市土手町49−1 1・5・15
弘前物産パルシー 弘前駅ビル アプリーズ店
〒036-8096 青森県弘前市表町2−2−11 1・5・15
bamboo forest
〒036-8182 青森県弘前市大字代官町20−1 1・5・15
弘前市りんご公園
〒036-8262 青森県弘前市清水富田寺沢125 5・15
津軽藩 ねぷた村
〒036-8332 青森県弘前市亀甲町61 1・5
弘前市物産協会 さくらはうす
〒036-8356 青森県弘前市大字下白銀町2−1 弘前市立観光館内 1・5
銘茶の玉雲堂 本店
〒036-8054 青森県弘前市田町4丁目11-13 1・5
銘茶の玉雲堂 さくら野弘前店
〒036-8092 青森県弘前市城東北3丁目10-1 さくら野百貨店弘前店1F 1・5
野市里(のいちご)農産物直売所
〒036-1341 青森県弘前市宮地川添77−4 1・5
A-factory
〒038-0012 青森県青森市柳川1丁目4−2 1・5・15
あおもり北彩館 アスパム店
〒030-0803 青森県青森市安方1丁目1−40 アスパム 1F 1・5・15
あおもり北彩館 新青森駅店
〒038-0003 青森県青森市石江高間140−2 新青森駅1階「旬味館」内 5
葛西商店(青森駅前)
〒030-0801 青森県青森市新町1丁目1−21 1・5
Vege Cafe ちゃまま
〒030-0845 青森県青森市緑1丁目12−29 1・5・15
自然食品の店 あおぞら
〒030-0961 青森県青森市浪打1丁目16−10 牧田ビル 1F 1・5
※一部の店舗のみ掲載しております。

NEWS

新着情報
2019.12.25    毎日新聞 朝刊に「りんご葉の茶」が掲載されました。
2019.12.21    東奥日報 朝刊に「りんご葉の茶」が掲載されました。
2019.12.21    陸奥新報 朝刊に「りんご葉の茶」が掲載されました。
2019.12.20    FMアップルウェーブ ゴゴナビ!! 中三弘前店より中継で
「りんご葉の茶」が紹介されました。
2019.12.20-21 中三弘前店にて、「りんご葉の茶」新商品発表会を行いました。




「医果同源」。この言葉に、
私たちのりんご作りへの想いが
込められています。

私たちは、農業を自ら実際に営みながら、りんごの持つ健康によい作用の研究・商品開発に取り組む研究所です。 所長は城田安幸農学博士。博士は弘前大学農学生命科学部准教授として、二十数年前からりんごの機能性の研究をしていました。2004年には、まだ青く小さな未熟りんごのポリフェノールの力を活かしたりんごジュースを開発。そのジュースの名前こそが「医果同源」でした。医食同源の考えにならい、果実のパワーを日々いただくことで健康になろうという造語です。以降、研究者としての立場から一歩踏み出し、自家農園での未熟りんごの栽培に挑戦。「医果同源」の製造・販売に本格的に取り組んでいます。実は 青森県は、全国一の短命県。その改善に少しでも役立ちたいという博士の想いこそ、医果同源りんご機能研究所の原点なのです。

「医果同源アップルバレー」では、
一本一本のりんごの木の声に
耳を傾けています。

ウサギ、アナグマ、カモシカ、タヌキ、テン、フクロウ・・・。私たちの農園「医果同源アップルバレー」にやってくる動物たちです。吹き渡る森の風の中、鳥や虫も自由に飛び回っています。自然が多様で豊かなこの場所で、有機JAS認証を取得し、のびのびとしたりんご栽培をしています。
園地では毎日のように「この子は元気だな」「あの子の幹が心配だな」と、りんごの木の一本一本を見てまわります。そうすることで病気や害虫の発生を早く発見できますし、人とりんごの木の間に信頼できる友人のような、ハッピーな関係が生まれます。
安全・安心はもちろんですが、私たちはその先をいく「ハッピーなりんご」を作りたいと考えています。