りんごで
カラダに
いい未来。

「医果同源」。この言葉に、
私たちのりんご作りへの想いが
込められています。

私たちは、農業を自ら実際に営みながら、りんごの持つ健康によい作用の研究・商品開発に取り組む研究所です。

所長は城田安幸農学博士。博士は弘前大学農学生命科学部准教授として、二十数年前からりんごの機能性の研究をしていました。2004年には、まだ青く小さな未熟りんごのポリフェノールの力を活かしたりんごジュースを開発。そのジュースの名前こそが「医果同源」でした。医食同源の考えにならい、果実のパワーを日々いただくことで健康になろうという造語です。以降、研究者としての立場から一歩踏み出し、自家農園での未熟りんごの栽培に挑戦。「医果同源」の製造・販売に本格的に取り組んでいます。実は青森県は、全国一の短命県。その改善に少しでも役立ちたいという博士の想いこそ、医果同源りんご機能研究所の原点なのです。

NEWS

2020.05.01

りんごジュース医果同源のパッケージを変更いたしました。

2020.02.20

webマガジン「コロカル」に「りんご葉の茶」が掲載されました。link

2019.12.25

毎日新聞 朝刊に「りんご葉の茶」が掲載されました。

2019.12.21

東奥日報 朝刊に「りんご葉の茶」が掲載されました。

2019.12.21

陸奥新報 朝刊に「りんご葉の茶」が掲載されました。

2019.12.20

FMアップルウェーブ ゴゴナビ!! 中三弘前店より中継で「りんご葉の茶」が紹介されました。

2019.12.20

中三弘前店にて、2日間、「りんご葉の茶」新商品発表会を行いました。

「医果同源アップルバレー」は、
有機JAS認証を取得しています。

青森県津軽地方、標高400メートルの山に囲まれた自然豊かな場所に農場はあります。 「医果同源アップルバレー」、広さは18ヘクタール。東京ドーム約4個分の広大な農場です。自然にも人にもやさしい環境づくり、商品づくりを目指し、 2011年から、化学農薬・化学肥料を一切使用せず、りんごを栽培してきました。2014年11月には「有機JAS認証」を取得し、農作物の栽培と研究を続けています。

「有機JAS認証」とは、自然の力を活かして栽培された農作物を認証する制度です。環境に負荷をかけないという有機農業の理念に基づき、生産、加工や出荷にいたるまで様々な基準が設けられています。例えば、禁止された農薬や化学肥料は使用しない、遺伝子組み換え技術を使用しない、などです。認定された後も、毎年、国に登録された認定機関による農場の実地検査が行われ、有機JAS認証の条件を満たしているか、生産工程の管理記録があるかなどの確認を行います。私たちは、これらの厳しい基準をクリアした農場で、安心・安全はもちろんですが、その先をいく「ハッピーなりんご」を作りたいと考えています。









医果同源
未熟りんご入り りんごジュース

りんご葉の茶

医果同源 オンラインショップ

 Online Shop

Contact

お気軽にお問い合わせください。

株式会社 医果同源りんご機能研究所

〒036-8252 青森県弘前市旭ヶ丘2-4-13

TEL 0172-35-5931

FAX 0172-35-5931

Email info@ikadogen.co.jp

営業時間 土日祝日をのぞく8:30〜17:00